安心なエンディングのために

お布施・寄付金・高額な戒名などお寺とのつきあいに困っている方へ

お寺とのお付き合いが始まると、お布施やお寺への寄付金、
高額な戒名のことなどで色々と問題が出てくることがあります。

特にお布施などは決まった金額があるわけではない寺院が多いですし、
ほかの人に「いくら入れたの?いくら入れるの?」と聞きにくい部分であったりもします。
お寺とのお付き合いが今までなかった方たちにとっては大変に難しい問題でもあり、
知らないことだらけで大変に困る内容だったりします。

特に戒名については、値段はあってないようなものですので、
戒名をお支払いするときにも、お布施の中に戒名の料金が含まれていたり、
含まれていない場合があったりと、そのお寺によりまちまちであったりします。
このことを知らないでいると、戒名代とお布施が別々かと勘違いをし、
二重に支払いをしてしまうこともあるかもしれません。

「お布施」とは、決まった金額があるわけではなく、
お寺に対しての気持ちになりますが、
その金額も決まっているお寺と決まっていないお寺があり、
決まっている場合には聞きやすいですが、
その金額が高額であったりすることもあります。

また、お布施の金額が決まっていない場合には、
一体どのくらいの金額をお布施として収めたらいいのかがわからない、
ということもよく耳にします。

戒名とは、亡くなった方があの世で呼ばれる名前であり、
その付けていただく戒名により、値段が変動します。
戒名の値段はあってないようなものですから、高額な値段を言われることもしばしばあると伺います。

戒名には「院号」というものがあり、この院号の位によって金額が変動します。
高額な院号を絶対につけなければならないということもありませんのでご注意ください。

知らないことが多いということは、大変に不安になりますし、
精神的にもご負担になるかと思います。
このような色々なトラブルを避けるためにも、
専門的な知識を持つアドバイザーがお側で、
お世話させていただければご安心かと思います。